『オリコミTV』から誕生!中国・四国の人気ショップや施設のブログ・ポータルサイト!『オリブロ』

公文 松山横河原教室
  1. トップページ>
  2. 公文 松山横河原教室

2月は無料体験の月です。家庭で、公文式の学習方法を2週間毎日体験していただき、その間計4回、教室で、教室の雰囲気を味わい、教室のスタッフ、指導者とやりとりを経験してもらって、学習の継続を検討していただくという、勧誘イベントです。

公文式の教材プリントは数学の計算力や国語や英語の読解力をつけるために作られたもので、読みながら、一人で確実に知識を増やし、設問に答えていくことで、自然と学力がついていきます。スモールステップでできていますから、前のプリントができていれば、次のプリントは読めば必ずでき、できなければ、前のプリントを何度か復習すれば、そのうちできるようになります。家庭では宿題という形でプリントを解いてもらい、教室では、わからないところを教え、何よりペースメーカーとして学習者を励まして、学習の進み具合を調整し、学習が気持ちよく継続できるようにしていきます。公文式のシステムを体験してもらい納得していただいてから、入会していただくためのイベントです。公文式の教材と教室での学習が、当人、あるいは、わが子にとって、有益かどうか、教室に楽しく通えるかどうか判断していただくための2週間です。

実はこの2週間、指導者の私にとっては、その子の指導方針を考える大事なおためしの期間なのです。学習を始める前に、学力診断テストをしていただいていますから、学力がどの程度のものなのかは把握しています。そのうえで、本人にとって、すらすら楽々できるプリントをさせて、その子の几帳面さ、丁寧さ、根気、集中力を計っていきます。これらの力なければ、理解力や暗記力が優れていて、中学生ぐらいまでは楽に得点できても、高校生になって、成績は、下降の一途をたどります。理解、習得する学習内容のレベルが上がると、繰り返しの学習は必ず必要になるし、集中力がなければ多感な青春の真っただ中の少年少女が学校、部活をこなしながら、学習に取り組むことは困難になるからです。2週間の体験学習の間に、簡単なプリントをさせながら、丁寧に、早く解くことを促していきます。自分のこなしたプリントのミスの数を成績表に記入することで自分の正確さを振り返らせ、次にプリントに取り組む際、「100点にするぞ」という、意欲を持たせ、集中力を高めていきます。簡単なことを確実に行うことが出来るか、素直に指示に従って、できたことを誇らし気に喜び、生き生きと学習できる子か、を探っていきます。もし、素直にこちらの意図通りに動いてくれるお子様なら、保護者に学習姿勢が既に整っている旨を伝え、プリントに取り組んでいただければ、学力は順調についていくと、お話しします。しかし、几帳面さ、丁寧さ、根気、集中力がついてないお子さんの場合は、毎日一定のプリントを解いて、愚鈍に同じことを繰り返すことを厭わずさせることが、最も必要なことだと伝え、教材を先に進ませることを急がず、まずは学習姿勢を整えていくことの大切さをお話しさせていただきます。学年の枠にとらわれ、必要な姿勢も整っていないのに手取り足取り教えていくことは、穴の開いたバケツに水を張ろうとすることであり、不毛の大地に種を蒔くようなものなのです。

二週間の体験学習の様子を保護者に伝えながら、私は、保護者の方を観察しています。公文式でつけたいのは人並みの学力だけなのか、学力より学習姿勢が優先と考える私の意見に耳を傾けてもらえるのか、何より、子育てに、関わらせてもらえるか、等、探りをいれています。実は、2週間の無料体験は、KUMONの指導者である私と学習者とその親との、お見合いの期間だと思っています。そんなドキドキに興味や関心がある方をお待ちしております。

オリコミTV

Copyrights © 2010 Nishikou co.,ltd. All Rights Reserved.